ママ友といい関係になるために

ママ友カーストに巻き込まれない

TVドラマやメディアなどで、「ママ友カースト」という制度が取り上げられ、実際にその被害に合って悩んでいるという方の話題も上がっています。
幼稚園や保育園に行くと、そんなものに巻き込まれてしまうのかしら…と、今から恐怖を感じている方もいるのではないでしょうか。

しかし、こうした制度がすべての幼稚園や保育園で行われているわけではありません。
また、園内でも一部のママ友の間ではママ友カーストがあっても、その他では安全に楽しいママ友関係が築けているということも少なくありません。
ということは、ママ友カーストに巻き込まれないようにしていくことが、平和な園生活を送るために大切だということです。
では、どのように過ごしていけばいいのでしょうか。

ママ友との付き合い方

そもそも、ママ友を無理に作ろうとすることが間違いです。
子ども同士が仲が良くても、ママ同士が仲良くなれるというわけではありません。

また、園内でのママ友というのは、小学校に上がったらそこで終わりになることが多く、一時的な関係であるとも言えます。
そんな関係のために、心を砕いてまで無理な付き合いをする必要はありません。
自分に合わないママ友と無理に付き合わないようにすることが、何より大切です。

そもそもママ友というのは、子育ての相談をすることができたり、何かあったときに助け合うことができるものです。
決して、誰かの悪口を言い合ったり、いじめのようなものがあったりするような関係ではありません。

断ることも大切

ママ会やランチ会など、頻繁に集まりがあるというママ友グループもあるかと思います。
しかし、行きたくないような会に、無理に参加する必要はありません。
ランチ会ともなると、毎回お金もそれなりにかかってきますし、時間も割く必要があります。
行きたくもない会に参加しているママ友は、本当に自分が仲良くしたいママ友であるのか、よく考えることも大切です。

旦那が子供に嫉妬するワケ

子どもが生まれると

子どもが生まれて可愛い子どもを目の前にして、夫婦円満、家庭も明るくなった…というばかりではありません。
実は、子どもが生まれてから夫婦が不仲になるというケースは少なくありません。
子どもが生まれる前、決して夫婦仲は悪くなかったのに、なぜ子どもが生まれた途端に、不仲になってしまうのでしょうか。

子どもが生まれると、母親は必然的に愛情を子どもに注ぎます。
昼夜問わず子どもと向き合い、その合間に家事をこなし、自分の時間すら得ることができません。
子どもにつきっきりになってしまう分、これまで夫に向けてきた関心が薄れてしまうわけなのですが、これが夫にとって不満の原因になっているのです。

夫が子どもに嫉妬する

子どもに愛情や関心が集中する分、当然ながら夫に対する関心は薄れてしまいます。
忙しい育児の中、夫の世話まで手が回らないという方も多いでしょう。
夫からすれば、これまでは自分のことを気にかけてくれていたのに、それが急に無くなってしまったということで、寂しさを感じてしまうわけです。

その上、その原因となっている自身のお子さんに、嫉妬を感じてイラだってしまうのです。
そのイラ立ちのせいで、夫婦で衝突してしまうことが増えるのです。

あなたとの子どもだから…と伝える

子どもに対して嫉妬をしている夫に対して、妻ができる対応は、夫と積極的にコミュニケーションをとるということです。
特に産後は、セックスレスになりがちですが、これはコミュニケーション不足の要因になります。
子どものお世話で疲れもたまっているかと思いますが、月に1~2回など決めて、義務的にでも夫婦生活を行う習慣をつけると良いでしょう。

また、夫に対して、「この子がかわいいのは、あなたとの子どもだからなのよ」ということを、口に出して伝えることが重要です。
当たり前のことじゃないかと思う方もいると思いますが、口に出して伝えるということが大切なのです。
また、夫の前で子どもに、「パパがお仕事頑張ってくれているね」とか「パパに抱っこしてもらえて嬉しいね」などと話しかけ、夫を立ててあげることも効果的ですよ。

姑とうまくいくには

姑との距離感

e50193cdf98d042828e1ee6e88b8ae7e_s結婚したら、否応なしに付いてくる問題の一つが、姑問題。
「私は夫の家族じゃなくて、夫と結婚したんだから……」と言いたくなる気持ちもわかりますが、これが結婚というものです。

同居にせよ別居にせよ、姑との付き合い方に悩んだことがあるという方は少なくないはず。
では、姑とはどのような距離感で付き合っておけばいいのでしょうか。

姑は、人生の先輩でもあります。
そんな姑を立てながら接していくことが重要です。
自分の息子である夫のことは、何より大切に思っているのが姑です。

そのため、「夫さんのこと、色々教えてください」「夫さんが好きな食べ物の作り方、教えてください」など、低姿勢で接すると良いでしょう。
また、自分が知っていることであっても、「教えてくださってありがとうございます」という姿勢を忘れないことも大切です。

姑の大切にしているものを大切にする

姑が大切にしているものも同様に、大切にする姿勢を見せることで好感度は一気に挙がります。
例えば、姑が犬や猫などのペットを飼っており、それらを非常に可愛がっているとします。
自分が動物が苦手であったとしても、「可愛いですね」と褒めたり、「いつもどんなものを食べているのですか?」などと質問をしてみたりと、興味のあるそぶりを見せると良いでしょう。

さらに、姑が大好きな夫のことを、大切にしているという姿勢を見せることも効果的です。
「どのようなお子さんだったのですか?」などと、“夫のことを良く理解している姑に教えて欲しい”という気持ちを見せてみてください。
このような姿勢を見せられて悪い気がする姑は少ないですので、ぜひ心がけてみることをおすすめします。

周囲を味方につける

姑に好かれたいと思っていると、どうしても姑だけに目が行きがちです。
しかし、姑の周囲の人物を味方につけて、周囲の人物から姑に自分の良さを伝えてもらうという方法も効果的です。

例えば、夫に兄弟がいる場合、その兄弟に自分の良さが伝わることで、姑にもそのことが伝わっていきます。
姑も、自分の子どもからの情報であれば、その情報を信用します。
兄弟がいなければ、夫自身から、自分の良さをさり気なく語らせるのも良いでしょう。

実際、こういったような姑との生活を赤裸々に綴ったブログもあったりしますので、目を通してみてください。
>>http://ameblo.jp/tm2518/

距離をとることも大切

場合によっては、姑とある程度の距離をとることも必要です。
人間同士なので、どうしても性格が合わないこともあります。
そんなときは、いっそのこと距離をとったほうが良い関係を継続することができるでしょう。

必要なときだけ連絡をとって、最低限の付き合いをするというのことも、姑との関係づくりに重要です。
どうしても無理だな、合わないな、と感じたら、失礼の無い程度のお付き合いに切り替えてしまいましょう。

気をつけたいママ会

ママ友付き合いの実態

幼稚園や小学校への入園・入学を控えている方々にとって、子どもの成長など喜ばしいことが多いと同時に、ママ友付き合いが心配だという方も少なくないのではないでしょうか。

特に最近では、TVドラマやメディアなどで、ママ友付き合いについて取り上げられることが多く、ママ友付き合いに恐怖を感じているという方もいることと思います。
本当に、あんなドロドロのママ友トラブルに巻き込まれてしまったら…と考えると、素直に子どもの幼稚園・保育園生活を楽しみにするわけにもいきません。
では、実際にママ友付き合いとは、どういったものなのでしょうか。

TVドラマなどは、当然ですが脚色されて大げさに描かれていることがたくさんあります。
そのため、実際にドラマのようなひどいママ友トラブルに合っているという方は多くはありません。

しかし、細々したママ友トラブルに巻き込まれたことがあるという方は多く、ママ友との関係に悩んでいるという方は少なくありません。
そんなトラブルに巻き込まれないためには、ママ友との付き合い方が重要となります。
では、ママ友とはどのように付き合っていけばいいのでしょうか。

ママ友との付き合い方

子ども同士は同年齢ですが、当然ながらママ同士の年齢は皆バラバラとなっています。
若いママもいれば、お子さんが2~3人目のベテランママもいます。
専業主婦の方もいますし、パートや正社員などで働きに出ているママもいるでしょう。

そんな色々な方がいる中では、最初はあまり踏み込んだ会話をしないほうが無難です。
仕事をしている方に、どんな仕事をしているのかということを尋ねたり、ご主人の仕事について尋ねたりするのは、踏み込み過ぎた会話です。
最初は、当たり障りのないような、子どものことや幼稚園・学校についての話題をしていくと良いでしょう。

ママ会に誘われたら

ママ友との付き合いの中で、どうしてもお茶やランチといったママ会に誘われることが出てきます。
仲良くなれそうなママ達であれば、一度くらいはお誘いに乗ってみると良いかもしれません。
そうすることで、ママのタイプを知ることができます。
ママのタイプに合わせて、こちらの出方も変えることができます。

ママ会での会話の中で特に大切なのは、悪口などに同意しないことです。
マイナスな話について、同意を求められたりしたら、「そうでしたか。私は知りませんでした。」などと、上手に聞き流すようにしておくと、今後のお付き合いでのトラブルを防ぐことができます。
あまりこちらから話をするのではなく、聞き上手に徹するのも、上手くお付き合いをしていくコツです。
合わないなと思ったら、表面上のお付き合いだけに切り替えるのも大切ですよ。