姑とうまくいくには

姑との距離感

e50193cdf98d042828e1ee6e88b8ae7e_s結婚したら、否応なしに付いてくる問題の一つが、姑問題。
「私は夫の家族じゃなくて、夫と結婚したんだから……」と言いたくなる気持ちもわかりますが、これが結婚というものです。

同居にせよ別居にせよ、姑との付き合い方に悩んだことがあるという方は少なくないはず。
では、姑とはどのような距離感で付き合っておけばいいのでしょうか。

姑は、人生の先輩でもあります。
そんな姑を立てながら接していくことが重要です。
自分の息子である夫のことは、何より大切に思っているのが姑です。

そのため、「夫さんのこと、色々教えてください」「夫さんが好きな食べ物の作り方、教えてください」など、低姿勢で接すると良いでしょう。
また、自分が知っていることであっても、「教えてくださってありがとうございます」という姿勢を忘れないことも大切です。

姑の大切にしているものを大切にする

姑が大切にしているものも同様に、大切にする姿勢を見せることで好感度は一気に挙がります。
例えば、姑が犬や猫などのペットを飼っており、それらを非常に可愛がっているとします。
自分が動物が苦手であったとしても、「可愛いですね」と褒めたり、「いつもどんなものを食べているのですか?」などと質問をしてみたりと、興味のあるそぶりを見せると良いでしょう。

さらに、姑が大好きな夫のことを、大切にしているという姿勢を見せることも効果的です。
「どのようなお子さんだったのですか?」などと、“夫のことを良く理解している姑に教えて欲しい”という気持ちを見せてみてください。
このような姿勢を見せられて悪い気がする姑は少ないですので、ぜひ心がけてみることをおすすめします。

周囲を味方につける

姑に好かれたいと思っていると、どうしても姑だけに目が行きがちです。
しかし、姑の周囲の人物を味方につけて、周囲の人物から姑に自分の良さを伝えてもらうという方法も効果的です。

例えば、夫に兄弟がいる場合、その兄弟に自分の良さが伝わることで、姑にもそのことが伝わっていきます。
姑も、自分の子どもからの情報であれば、その情報を信用します。
兄弟がいなければ、夫自身から、自分の良さをさり気なく語らせるのも良いでしょう。

実際、こういったような姑との生活を赤裸々に綴ったブログもあったりしますので、目を通してみてください。
>>http://ameblo.jp/tm2518/

距離をとることも大切

場合によっては、姑とある程度の距離をとることも必要です。
人間同士なので、どうしても性格が合わないこともあります。
そんなときは、いっそのこと距離をとったほうが良い関係を継続することができるでしょう。

必要なときだけ連絡をとって、最低限の付き合いをするというのことも、姑との関係づくりに重要です。
どうしても無理だな、合わないな、と感じたら、失礼の無い程度のお付き合いに切り替えてしまいましょう。