子育てにかかる値段は?

子どもにかかる費用

子どもが生まれたら、子どもを育てていく上で様々な費用が発生します。
例えば、養っていく上の養育費はもちろんのこと、学費や習い事費用などが主な費用になるでしょう。

このような費用がどれくらいかかるのかということは、子どもを育てていく上で、事前に知っておきたいことのひとつです。
では、具体的にはどのような費用が必要になるのでしょうか。

子どもの養育費

子どもが生まれると、夫婦だけのときに比べて、様々な費用がかかるようになります。
例えば、食費。

幼児期のうちであれば、食べる量も少ないのでそれほど大きな変化は見られませんが、年齢が上がっていくにつれて、食費はどんどん上がっていきます。
特に育ちざかりの男の子がいる家庭は、月々のお米代が倍になったという話も聞かれます。
男の子がいるご家庭では、特に食費の増加について、事前に覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。

また、毎年どんどん大きくなっていく身体に合わせて購入する衣服や雑貨などの費用も必要です。
ブランド品などこだわり出したら、その費用はいくらでも高くなっていきます。

特に女の子の場合、オシャレに関心が出てくるとこういった費用がかさむようになるケースが多いですが、ある程度上限を決めて購入することをおすすめします。
場合によっては、おさがりや中古品などを上手く活用して、衣類にお金がかからないようにしたり、上手に着回しができるようにしたりするとよいかもしれません。

子どもの教育費

子育てをしていく上で、最も大きな費用が必要となるのが、教育費であると言われています。
幼稚園から大学まで、すべて公立校に行ったとしても、1,000万円は必要となります。
また、学費以外にも塾や予備校などに通う場合は、更にその費用がかさむことになります。

教育費がかさむピークは、大学進学時です。
入学金や学費などで、まとまった金額が必要になってきます。
そのため、大学進学時までに教育費をある程度貯めておくことが大切です。

下記サイトでもお子様にかかる教育費や学費の種類、準備方法などが詳しく解説されているので参考にしてみてください。
>>http://allabout.co.jp/gm/gt/657/

子育てにかかる総費用

子育てにかかる費用は色々ありますが、これをトータルすると、大学卒業までにかかる養育費は2,000万円ほど。
教育費は1,000万円ほど必要ということになります。
つまり、トータルで子ども1人育てるのに3,000万円必要ということになります。
こう考えると、とても無理、と思われる方も多いと思いますが、これは長期に渡って支払うものなので、計画的に積み立てておけば問題ありません。

特別な用意が必要となるのは、やはり大学進学時にかかる費用です。
大学進学時までに、300万円ほど教育費を準備できると、比較的安心して大学までの費用をまかなうことができると言えます。
やはり子どもが生まれたときから、将来を考えておくことが大切になるのかもしれません。