旦那が子供に嫉妬するワケ

子どもが生まれると

子どもが生まれて可愛い子どもを目の前にして、夫婦円満、家庭も明るくなった…というばかりではありません。
実は、子どもが生まれてから夫婦が不仲になるというケースは少なくありません。
子どもが生まれる前、決して夫婦仲は悪くなかったのに、なぜ子どもが生まれた途端に、不仲になってしまうのでしょうか。

子どもが生まれると、母親は必然的に愛情を子どもに注ぎます。
昼夜問わず子どもと向き合い、その合間に家事をこなし、自分の時間すら得ることができません。
子どもにつきっきりになってしまう分、これまで夫に向けてきた関心が薄れてしまうわけなのですが、これが夫にとって不満の原因になっているのです。

夫が子どもに嫉妬する

子どもに愛情や関心が集中する分、当然ながら夫に対する関心は薄れてしまいます。
忙しい育児の中、夫の世話まで手が回らないという方も多いでしょう。
夫からすれば、これまでは自分のことを気にかけてくれていたのに、それが急に無くなってしまったということで、寂しさを感じてしまうわけです。

その上、その原因となっている自身のお子さんに、嫉妬を感じてイラだってしまうのです。
そのイラ立ちのせいで、夫婦で衝突してしまうことが増えるのです。

あなたとの子どもだから…と伝える

子どもに対して嫉妬をしている夫に対して、妻ができる対応は、夫と積極的にコミュニケーションをとるということです。
特に産後は、セックスレスになりがちですが、これはコミュニケーション不足の要因になります。
子どものお世話で疲れもたまっているかと思いますが、月に1~2回など決めて、義務的にでも夫婦生活を行う習慣をつけると良いでしょう。

また、夫に対して、「この子がかわいいのは、あなたとの子どもだからなのよ」ということを、口に出して伝えることが重要です。
当たり前のことじゃないかと思う方もいると思いますが、口に出して伝えるということが大切なのです。
また、夫の前で子どもに、「パパがお仕事頑張ってくれているね」とか「パパに抱っこしてもらえて嬉しいね」などと話しかけ、夫を立ててあげることも効果的ですよ。