もうすぐ卒園!先生やお友達へ贈るプチギフト

卒園式のプチプラの選び方

卒園式のプチプラの選び方

もうすぐ卒園式。子供にとっては、仲良くしてくれた友達との別れの時期でもあります。子供だけでなく、お友達のお母さんたちにも何かとお世話になったことでしょう。そこで、ささやかなプレゼントをしたいと考えるはず。お友達や人数の規模によっては大量購入も検討しなければなりません。そこで、おすすめなのがプチギフトです。

卒園プチギフトとは

本来のプチギフトはクリスマスや誕生日で用いられていたプレゼントです。日本のプチギフトの始まりは結婚式。新郎新婦がひとり一人のゲストに手渡しで送るプレゼントが始まりです。手渡しでゲストに感謝の気持ちを伝えるちょっとしたプレゼントが始まり。最近では結婚式だけでなく、就職、進学、卒業などさまざまなシーンで活躍するマルチロールなプレゼントです。

プチギフトの選び方

卒業前のシーズンは準備でお母さんたちは忙しいはず。大忙しの時期のプレゼントはゆっくり選べず、悩んでいる人も少なくないはず。お友達人数・クラス規模によっても予算が変動するので、まとめてプレゼントできるギフトがいいかもしれません。

選び方のコツはできる限りかさばらない品物が良いでしょう。卒園式では子供の荷物を持たなければなりません。その状態でプレゼントをもらっても、さらに大変なことになるかもしれません。贈る人への負担を減らすために、できるだけ軽いものを選びましょう。

お菓子などもOKですが、これから小学校に入るお友達のために、文房具などの実用的なプチギフトも選択肢の中に入れておくといいかもしれません。

プチギフトを選ぶ際は大量注文することが少なくありません。そこで、女の子・男の子問わず共通して送れるものを選びましょう。

おすすめのプチギフト紹介

ふわっとアニマル ハンカチタオル

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/丸辰-【入荷!大人気!】ふわっとアニマルハンカチタオル-【楽ギフ_包装】/dp/B0142HEXR2/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1521035279&sr=8-2&keywords=ふわっとアニマル&tag=vc-1-715-22&linkCode=ure

「ふわっとアニマルハンカチタオル」はワンコインから購入できます。すでにラッピングされた状態で届くので、包装の必要はありません。タオルの種類はイヌ、ネコ、クマ、ヒツジの4種類の中から選べます。

キャラクター消しゴム

画像引用元:https://item.rakuten.co.jp/festival-plaza/gng-266113/

これから小学生になる子供にとって文房具は必須アイテム。その中でも、キャラクター消しゴムは大人気です。小学生になってから新しいお友達を作るきっかけにもなるでしょう。

歯ブラシ

 

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/歯ブラシ-吸盤付き歯ブラシ-パンダ-【ブラック-】/dp/B00ORJ60FY/ref=sr_1_1?s=home&ie=UTF8&qid=1521035357&sr=1-1&keywords=吸盤付 パンダ歯ブラシ]&tag=vc-1-715-22&linkCode=ure

まだまだ歯磨きが苦手な子供も、この歳ならいるはず。そこで斬新なプレゼントとして、歯ブラシの取手に動物などが描かれた歯ブラシを選ぶのもいいでしょう。お友達からもらった歯ブラシならよろこんで歯磨きをするかもしれません。

運動会ファッションのおすすめ

運動会でのママの行動

27bb21f663b432462f1e1bfb9d2a9cf9_s子どもも親も楽しみにしている行事のひとつが運動会です。
日頃の練習の成果をパパやママに見せることができる運動会は、子ども達もはりきって参加します。
その一方で、子どもが頑張っている姿を応援したりカメラに収めたりするパパやママにとっても、運動会はやはり特別なイベントとなります。

そんな運動会ですが、気になるのが、どんな格好をしていけばいいのかということです。
授業参観や入園式などであれば、フォーマルさを取り入れつつオシャレを楽しめばいいのですが、運動会は親子で行う競技があったり、カメラの場所取りをしたりと、動き回ることが多くなります。
そのため、やはり動きやすい格好が良いのですが、ジャージでは何となく寂しいし、せっかくだから動きやすい中でもオシャレを楽しみたいですよね。
動きやすさをキープしつつ、オシャレで一目おかれるような運動会ファッションとは、どのようなものなのでしょうか。

紫外線対策を忘れない

季節に関わらず、屋外で行われる運動会の場合は、紫外線対策を忘れてはいけません。
日焼け止めを塗っておいても、汗などで流れてしまいますし、長時間機能がキープできないことも少なくありません。
そのため、ファッションの中で紫外線対策をすることが大切です。

紫外線対策に効果的なのアイテムのひとつが帽子です。
つばが広く、そして深めにかぶることができるようなチューリップハットなどがオススメです。
衣服のタイプに合わせて、色や形をチョイスすると素敵ですね。

腕などの紫外線対策には、アームカバーを使うのも良いですが、最近は薄手のパーカーでUVカット機能があるものや、ストールでUVカット機能があるものがあります。
そういったものを上手に活用していくと、オシャレに紫外線対策をすることができます。
動きやすいTシャツの上に、そういった紫外線対策グッズを羽織ったり使ったりすることで、ワンポイントあるオシャレな仕上がりになりますよ。

動きやすいパンツを

ボトムで人気が高いのは、ジーンズです。
ショートパンツにレギンスを合わせるスタイルも人気が高いです。
スカートは、動き回ったり地べたに座ったりする機会がある運動会には不向きです。

また、パンツの色も、いくらオシャレであっても白やベージュなど汚れが目立つものは避けたほうが良いでしょう。
デニム生地や、元気なビタミンカラーなども運動会にはピッタリですね。

足元は特に動きやすさ重視

靴に関しては、スニーカーを合わせるママが圧倒的に多いです。
特に近年では、おしゃれなスニーカーがたくさん出ており、様々なスタイルに合わせやすくなっていますので、これを機会に1足購入してもいいですね。

スニーカー以外ですと、動きやすいフラットシューズの方もいます。
しかし、親子競技などで参加する予定があるという方は、やはりスニーカーにしたほうが安心ですね。

授業参観にいる非常識ママ

授業参観で悪目立ちするパターン

子どもの授業参観に行くと、悪い意味で目を引いてしまうママを見かけることがあります。
そういう方は、ママ友から一線を引かれてしまったり、先生からも眉をひそめられてしまったりして、子どもにも何らかの影響がある場合もあります。
では、授業参観で悪目立ちしてしまう行動とは、どんなものなのでしょうか。

授業参観は、子どもが主役です。
そんな子どもをそっちのけにして、他のママ友とのおしゃべりに夢中になってしまっているママ。
スマホの操作に夢中になってしまっているママなどは、ヒンシュクを買ってしまいます。
また、場所を割り込んで来たり、授業中にケータイを鳴らしたり、禁止されているようなことをしたりするというマナー違反も、当然ヒンシュクを買います。

その他にも、授業参観らしからぬ格好をしてくるようなママも、眉をひそめられてしまいます。
授業参観だからといって、ビシッとフォーマルな格好で臨む必要はありませんが、ジャージやスウェットなどあまりにラフな格好をしたり、露出の多い派手な格好をしたりするのはよくありません。
香水の匂いで子ども達が集中できないということもあるようなので、香水も避けるようにしましょう。
オフィスワークスタイルのような、キレイ目のスタイルを意識するようにするといいかもしれませんね。

子どもの様子を知る大切な行事

授業参観は、子どもの学校での様子を知ることができる、大切な行事のひとつです。
また、子ども達や先生にとっては、大切な授業の一コマでもあります。
そのことをよく意識して、授業の妨げにならないようにすること、そして授業を見学する他のママ達の迷惑にならないようにすることが大切です。

知らず知らずのうちに、実は迷惑になることをしているという場合もあります。
これを機会に、自分の授業参観でのふるまいなどを、よく思い返してみて、見直してみるといいかもしれませんね。

ママにも欲しいクリスマスプレゼント

ご褒美は子どもだけじゃない

自分が子どもの頃は、クリスマスが近づいてくると、「どんなプレゼントがもらえるのかな?」「どんなご馳走が食べられるのかな?」とワクワクしたものです。
しかし、いざ大人になって、そのワクワクを提供する側に回ってしまうと、クリスマスは楽しいものだけというわけにはいかなくなってきました。

特にママは、子どもが好きなプレゼントを購入するために家計をやりくりしたり、ご馳走を作るためにキッチンにこもったりとなかなか忙しいものです。
出費が多く慌ただしいクリスマスシーズン、昔のように楽しめないという方も少なくないのではないでしょうか?

そんなクリスマスですが、子どもばかりが楽しむイベントではありません。
友人からもらうこともあるかもしれませんし、やはりパパからのプレゼントは期待したいものです。
ご褒美の意味でもプレゼントをもらえたらとても嬉しいはず。

では、実際にプレゼントをもらったママはどんなものをもらっているのでしょうか?
気になるデータがあったので見てみましょう。

どんなプレゼントをもらった?

プレゼントの中身で最も多いのは、ファッションアイテムである洋服や靴などが多いようです。
豪華なプレゼントになると、普段は買ってもらえないようなジュエリーや、ブランドのカバンや財布などもらう方もいるとのこと。

また、物だけではなく、旅行やディナーなど思い出作りというプレゼントをもらった方もいます。
クリスマス当日は家族で過ごし、クリスマス前後にお子さんを預かってもらい、夫婦だけでディナーを楽しむという方も多いようです。

子どもがいると、なかなか夫婦2人だけでデートをする機会も無くなってきますから、このような機会が年に1回でもあると、嬉しいものですよね。
下記のホームページではママへのプレゼントランキングが発表されていますので、こちらも参考にしてみてください。
>>https://bestpresent.jp/mother/

実際に欲しいプレゼントは

では、ママが実際に欲しいプレゼントには一体どんなものがあるのでしょうか?
もちろん、前述したファッションアイテムやジュエリーなども欲しいものの上位に挙がっていますが、それ以上にママ達が欲しいのは、ゆっくりすることができる時間です。
なぜなら、子育ては365日24時間休みがないからです。

自分ひとりでゆっくりと休む時間が欲しいというのは、なかなか切実な話。
また、「いつもありがとう」などの優しい言葉かけが欲しいという意見もあります。
今年はぜひ、子育てから解放された自由な時間や、優しい言葉かけをパパにおねだりしてみると良いかもしれませんね。